2017年11月注目のICOランキングTOP10発表!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    COIN JINJAで2017年11月に注目を集めたICOのTOP10を

    COIN JINJAのデータや編集部独自の目線でランキング形式で発表していきます。

    (※QASHなど日本のICOは別途詳細な記事にします)


    計算方法

  • 1ドル=112円
  • 1ETH=50,000円
  • 100万円以下切り捨て

  • 第10位: FundRequest

    エンジニア向けのクラウドファンディングみたいなイメージです。

    調達金額:7800万円



    第9位: The Divi Project

    新しい仮想通貨を発行してもっと世間一般に使いやすい通貨を目指します。

    調達金額:3,812ETH(1億9000万円)



    第8位: SALPay

    送金コストやATMに行く時間を削減するための通貨です。

    振込請求、ローン申請など用途は多岐に渡ります。

    調達金額:4億1200万円



    第7位: Datum

    ビッグデータを蓄積し、様々な用途へ活用します。 データの販売で収益を上げます。

    調達金額:14953ETH(7億4700万円)



    第6位: Goal Bonanza

    サッカーのブックメーカーに利用されます。

    調達金額:8億5690万円



    第5位: Simple Token

    コンシューマー向けアプリケーションに利用されることを目指します。

    調達金額:22,670ETH(11億3000万円)



    第4位: MicroMoney

    AIによってローンの与信をチェックします。

    調達金額:11億8000万円



    第3位: DMarket

    バーチャルで得たアイテムを実物と交換します。

    調達金額:12億2000万円



    第2位: PlexCoin

    次世代仮想通貨を開発しています。

    調達金額:12億2400万円



    第1位: Bankera

    従来の銀行と同じサービスを仮想通貨で早く安く提供します。

    調達金額:229億9500万円

    関連記事

    • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

      日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェーン業界における最先端のイノベーションについて、今日および今後に向けて話題となっているトピックについて見解を語ります。堀江貴文NEM財団 元代表 – ロン・ウォン(Lon Wong
    • ウォレットの復元について

      新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
    • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

      暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

    コメント