仮想通貨の確定申告について

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

仮想通貨で得た利益は確定申告が必要です

その通りです。

私としては利益分に関しては源泉徴収してくれたほうがラク なのですがねぇ。

取引所にそういう機能があればいいですが通貨をあちこちに移動したりしていると計算がややこしくなるから嫌がると思いますが。

株ですと源泉徴収を勝手にしてくれるので便利だったのでその感覚でいました。

どの所得に分類されるのか?

結論から言うと雑所得もしくは譲渡所得です。

雑所得は20万円以上の利益が出た場合、利益の20%が税金になります。

しっかり申告するようにしてください。

読者のほとんどの方は雑所得に分類されると思います。

雑所得は総合課税

総合課税??

要は給料と合わせた金額が課税されるということです。

すでに税金引かれてるよ!?

とお怒りの皆さま

ご安心ください、還付されます。

ちゃんと申告しないと還付も受けられないし、追徴食らうのでしっかり嘘偽りなく申告しましょう。

出典:国税庁

ガチホして利益を出さなければ大丈夫

そうなんです

私はそもそも少額投資で20万円超えないので気にしていないのですが

要は

ホールドして持ち続けたほうが得

なのではないでしょうか

ということで私は決済せずにホールドをオススメします。

日本一分かりやすく仮想通貨の確定申告を説明している記事発見

どうしても決済したい場合は

仮想通貨界の紅一点(まだお会いしてませんが)

玲奈女史が日本一分かりやすく確定申告について書いてあるので

そちらを参考にしていただけたらなぁと。

関連記事

  • 仮想通貨でお小遣い稼ぎをする3つの方法【2019年版】

    仮想通貨投資はオワコン、と言われ始めてはや何ヶ月・・・という感もありますが、ちょっと投資は置いておいて、仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法ってどうなんだろうというお話です。ご存知のように仮想通貨市場は一時期のような盛り上がりは無く、「今からお金を入れるのはどうなの!?」と思うような状況です。なので、一旦ここでは、、お金を掛けずに仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法を考えていきます。少しづつですが、サービスを利用するだけで仮想通貨が貰えるものが出てきています。日本ではというブログサービスが一番有名ですね。ブログ記事を書いたり、いいねを押す事で、 ALIS という仮想通貨が貰えます。世界的にも有名な
  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した

コメント