今日の仮想通貨ニュースまとめ(海外最新情報から国内重要情報まで):2017年12月31日(日)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

海外ニュース

仮想通貨取引所EXMO社取締役が100万ドル分のビットコイン身代金で解放【続報】

2日前にCOIN JINJAでも取り上げた誘拐事件ですが身代金を払って解放されました。

犯人は事件が予想以上に大きく取り上げられて解放に応じたそうです。

警察は引き続き犯人を捜しています。

会社員の3割が仮想通貨に投資 平均約59万円=韓国

韓国の仮想通貨熱は凄いですね。

日本でもカフェで仮想通貨の話をしている人たちをよく見かけます。

私の周りも最近仮想通貨に手を出す人が増えてきていて、2018年がとても楽しみです。

国内ニュース

マネーフォワードが「ブロックチェーン・仮想通貨ラボ」設立--送金などで新サービス

マネーフォワードは12月29日、ブロックチェーン技術や仮想通貨を活用した送金・決済領域の研究を目的に「MF ブロックチェーン・仮想通貨ラボ」を設立すると発表した。今後、送金・決済領域において新サービスの立ち上げを目指すとしている。 (左から)マネーフォワード執行役員CTOの中出匠哉氏、元日本銀行金融機構局企画役で同社執行役員の神田潤一氏 ...

元日銀の人もマネーフォワードに加わりました。

金融の中枢にいた人が仮想通貨事業にジョインすることがこれからのブロックチェーンの可能性を意味していると思います。

私は2年前からマネフォワのアプリのユーザーです。

ICO発行元の売り抜け制限

仮想通貨に関する技術開発を手掛ける一般社団法人の分散技術総合研究所(東京・港)は仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)の透明性を高める仕組みを開発した。企業がICO

ICO時に約束したプロジェクトが進捗通りに進んでいないと売れない仕組みを作って売り抜けによる利益の持ち出しを防ぎます。

進捗通り進んでいるかどうかは投資家が判断するそうで、ICOでの調達が一番の目的でプロジェクトを畳むみたいなしょうもないプロジェクトが一掃されることを望みます。

昨日の上昇銘柄

爆上がりしてるのはCoinExchangeでXPの入出金ができなくなって需給のバランスが崩れたことが要因だそうです。

値上がりしても超安い。

こういうコインは利確売りが一気に来るので買う人は売るタイミング要注意です。

CoinExchangeで購入可能です。

昨日の下降銘柄

分散型コミュニティの形成を目指すコインです。

ガソリンスタンド、飲食店などの決済システムの一翼を担おうとしています。

ASICを所有する力のあるマイナーに富が集中するのを防ぐため、Keccakを採用し、PCやモバイルなどでもマイニングできるように開発されています。

CoinExchangeで購入可能です。

2017年、ありがとうございました

ブログが本格的にスタートしたのが11月です。

沢山の方にご覧になって頂いたのが、次の記事を書く原動力になりました。

来年も皆さんに喜ばれる記事を書いて参ります。

それでは良いお年をお迎えください。

関連記事

  • ICOに日本一詳しいCOIN JINJA (コイン神社) がプレオープン!

    初めまして、です。数ヶ月の間システムの開発やICO情報翻訳等の準備を進めてきましたが、やっと今週からプレオープンする事が出来ました。まだまだ足りない所ばかりですが、正式リリースに向かってブラッシュアップしていきます!乞うご期待ください!合わせて、仮想通貨アプリ「」もリリースしています。宜しくお願い致します!
  • スタッフが駐在する仮想通貨取引所coinoneを韓国で開設!仮想通貨大国を目指せるか!?

    韓国3番目に大きいビットコイン取引所coinoneは、本日リアルの取引所を開設した。韓国初の仮想通貨OTC販売になる。当面販売する暗号通貨は、ビットコイン(BTC)以外、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)とQTUMの6種類。取引所となる複合施設には、市場情報を展示する大型モニターやATMが用意され、スタッフによる顧客相談も対応。現在に業界別のICO(トークンのクラウドセール)プロジェクト、合計464件を公開している。
  • Blackmoon投資ファンドのトークン化プラットフォームが仮想通貨はさらなる盛り上がりを見せる

    トークンファンドで現実の世界と暗号経済の両方に投資機会を提供するために世界最高のフレームワークを作成することを目指しています。 3日目 ~ 7日目 1 BMC = 1.05 USD実世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供するため、世界最高峰のトークン化された資金の枠組みを作り、維持することを目指しています。これは認可機関に柔軟性をもたらし、仮想通貨投資に対する蓄積された財務知識を活かします。地方分権化、透明性、取引可能性、コスト効率など、クリプト世界全体の利益を維持しながら、収入源の多様化を行います。投資ファンドの法的に準拠した構造は、当社の法律顧問によって審査され承認されます。規制リスク

コメント