今日の仮想通貨ニュースまとめ(海外最新情報から国内重要情報まで):2017年12月31日(日)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

海外ニュース

仮想通貨取引所EXMO社取締役が100万ドル分のビットコイン身代金で解放【続報】

2日前にCOIN JINJAでも取り上げた誘拐事件ですが身代金を払って解放されました。

犯人は事件が予想以上に大きく取り上げられて解放に応じたそうです。

警察は引き続き犯人を捜しています。

会社員の3割が仮想通貨に投資 平均約59万円=韓国

韓国の仮想通貨熱は凄いですね。

日本でもカフェで仮想通貨の話をしている人たちをよく見かけます。

私の周りも最近仮想通貨に手を出す人が増えてきていて、2018年がとても楽しみです。

国内ニュース

マネーフォワードが「ブロックチェーン・仮想通貨ラボ」設立--送金などで新サービス

マネーフォワードは12月29日、ブロックチェーン技術や仮想通貨を活用した送金・決済領域の研究を目的に「MF ブロックチェーン・仮想通貨ラボ」を設立すると発表した。今後、送金・決済領域において新サービスの立ち上げを目指すとしている。 (左から)マネーフォワード執行役員CTOの中出匠哉氏、元日本銀行金融機構局企画役で同社執行役員の神田潤一氏 ...

元日銀の人もマネーフォワードに加わりました。

金融の中枢にいた人が仮想通貨事業にジョインすることがこれからのブロックチェーンの可能性を意味していると思います。

私は2年前からマネフォワのアプリのユーザーです。

ICO発行元の売り抜け制限

仮想通貨に関する技術開発を手掛ける一般社団法人の分散技術総合研究所(東京・港)は仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)の透明性を高める仕組みを開発した。企業がICO

ICO時に約束したプロジェクトが進捗通りに進んでいないと売れない仕組みを作って売り抜けによる利益の持ち出しを防ぎます。

進捗通り進んでいるかどうかは投資家が判断するそうで、ICOでの調達が一番の目的でプロジェクトを畳むみたいなしょうもないプロジェクトが一掃されることを望みます。

昨日の上昇銘柄

爆上がりしてるのはCoinExchangeでXPの入出金ができなくなって需給のバランスが崩れたことが要因だそうです。

値上がりしても超安い。

こういうコインは利確売りが一気に来るので買う人は売るタイミング要注意です。

CoinExchangeで購入可能です。

昨日の下降銘柄

分散型コミュニティの形成を目指すコインです。

ガソリンスタンド、飲食店などの決済システムの一翼を担おうとしています。

ASICを所有する力のあるマイナーに富が集中するのを防ぐため、Keccakを採用し、PCやモバイルなどでもマイニングできるように開発されています。

CoinExchangeで購入可能です。

2017年、ありがとうございました

ブログが本格的にスタートしたのが11月です。

沢山の方にご覧になって頂いたのが、次の記事を書く原動力になりました。

来年も皆さんに喜ばれる記事を書いて参ります。

それでは良いお年をお迎えください。

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェーン業界における最先端のイノベーションについて、今日および今後に向けて話題となっているトピックについて見解を語ります。堀江貴文NEM財団 元代表 – ロン・ウォン(Lon Wong
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

コメント