今日の仮想通貨ニュースまとめ(海外最新情報から国内重要情報まで):2017年12月27日(水)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

前々からネットでLISKのビットフライヤー上場の噂を見守り続けていますが2週間前、ちょっと買ったら昨日、一昨日で結構値上がりしましたね(ラッキー)

さて本日の気になるニュースをチェックしましょう。

海外ニュース

韓国金融研究員、中央銀行にデジタル通貨発行を要求

この研究員は「ブロックチェーン技術によって銀行はリストラクチャされる」とも述べてます。

韓国ではICOが禁止されましたが仮想通貨の盛り上がりは熱く、今後の展開に目が離せません。

帰ってきたセグウィット2x?12月28日に実施か

内部の仲間割れやらで11月8日の予定がキャンセルなって、「次こそは!!」って感じですね。

明日ですので時間ある人は要チェックです。

国内ニュース

金融庁、新たに仮想通貨交換業者を1社登録

この見出しを見たとき、coincheck(コインチェック)かと思いましたが違いました(^_^;)

BITOCEANは、マウントゴックスの債権者たちで作られており、次の被害者を出さないようなセキュリティを構築してくれることを望みます。

ビットコイン黎明期から仮想通貨の価値を信じていた人たちなので先見の明がある人が多そうですね。

Zaif運営のテックビューロ、仮想通貨やトークンをインセンティブとして給与に上乗せで付与する制度を導入

GMOが給料の一部を仮想通貨にすると発表したことは記憶に新しいですが、Zaif(ザイフ)は30%上乗せときました!!

これは衝撃ですね、XEM(ネム)の普及を推し進める社長の朝山さん、やることが違います!

昨日の上昇銘柄

最大供給量が8兆DCNとは驚きました。

歯科医院向けのブロックチェーンを構築しています。

コイン所有者は保険適用で安く治療を受けられたり、オーラルケアグッズが購入できます。

海外で保険に入れない人が多いので安く治療が受けられるは素晴らしいことですね。

COINEXCHANGEで購入できます。

昨日の下降銘柄

ICOが1日で完売した韓国版イーサリアムです。

病院、大学、BCサイト、あらゆるデータがブロックチェーン上で繋がり、決済も署名も超絶簡単になります。

ていうか21%ちょい(執筆時)下がっただけで一番下がった銘柄にあるなんて今の仮想通貨業界のイケイケっぷりが伝わりますね。

Binanceで購入できます。

関連記事

  • BitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)が正式リリース

    OneBox株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤直樹)は、2018年12月13日に無料でBitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)を正式リリースしたことをお知らせします。()Tadacoin(タダコイン)は、2018年9月からBitcoinのFaucetサイト)としてβ版の提供をしておりました。 Faucetとは、「水道の蛇口」という意味から転じて、「蛇口をひねるように仮想通貨が出てくる」という意味で仮想通貨の世界では使われています。高水準の配布額で、ユーザー数は2ヶ月で2万人を超えました。2018年11月26日には、Tadacoin(タダコイン
  • 早稲田大学で講義しました!「コイン相場」開発週報 Vol.24

    急に寒くなりましたね。風邪には十分お気をつけください。私は暖房をタイマー設定するの忘れるのが多々あり、喉を痛めております。重複した内容を速報は1つだけ発信するようにニュース内容を解析して自動でフィルターに掛けれるように開発中です。履歴の価格計算の精度の向上を図っています。今まではグローバル価格で計算していましたが各取引所ごとの価格で算出できるよう開発中です。価格の上下が激しい場合に頻繁にアラートが鳴らないように開発中です。毎週金曜の作戦会議です。みんなで意見出し合ってより良いサービスを提供するために議論しています。12月10日に弊社の沼崎が早稲田大学で講義しました。眠そな人がいなくて助かりまし
  • 世界初の投資家たちとともに作った仮想通貨取引所 : ビットニア

    既存の取引所が公開しようとしない部分まで公開し"最高の透明性"を目標に登場した新規仮想通貨取引所ビットニア (BTCNIA)ビットニアは最初から格別です。 1年以上、仮想通貨コミュニティを運営してきたTEAM KCSは開発段階から企画やコンセプトを公開し、コミュニケーションを通じてコミュニティと共に作り出した取引所です。 取引所運営のすべての部分を隠さず投資家に公開するという点で独自性を強調し、非倫理的で不道徳な経営で崩壊しつつある仮想通貨市場を正すという彼らの切実な願いを込めて作りました。 彼らの取引所トークンであるニア (NIA) は従来のICOになかったボーナスオークション方式で進められ

コメント