【上昇ラッシュ】12月4日に上場したCOMSAが急上昇

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

COMSA一気に2倍以上に

毎日の日課である仮想通貨相場のチェックをしていると驚愕しました。

昨日の18時時点で160円くらいだったのが

朝には300円超えてるではありませんか!!

眠気吹っ飛びました!!

深夜2時頃に389円まで到達。

一体何があったのでしょうか。

COMSAとは?

COMSAとはICOトークンを購入する際に使用します。

Zaifでしか今のところは購入できないのでZaifの口座を持っていない方は口座開設しておきましょう。

COMSAでしか買えないICOも出てきます。

COMSAを使ったICOが既に2案件発表された

アメリカのVR企業のICO

メタップス社のタイムバンク

まだまだ水面下で進行中の案件があると思っています。

次の発表が楽しみでなりません。

ホリエモンのゴリ押し案件

ホリエモンはCOMSAのプレセールから参加しています。


先日金沢で行われたスタートアップ企業のカンファレンス、IvSでもホリエモンがCOMSAについて発言しています。

この発言が15:30

「みんなが仕事終わってからこの情報が広まって夜からCOMSAに買いが入った」と囁かれておりますが

実際のところは分かりません。

最近高騰しすぎ

毎日のように何かしらの仮想通貨やトークンが急上昇しています。

明日起きたらまた何か上がってるのでしょうか。

朝起きるのが楽しみです。

関連記事

  • SafeCrypt.io:安全性と匿名性を重視した仮想通貨取引所

    当プロジェクトは、取引の安全性と匿名性を高いレベルで確保する仮想通貨取引所を設計することで、フェイルセーフな仕組みを構築しています。かつての最大手仮想通貨取引所マウントゴックスは、顧客からの絶大な信用を意のままにしていた、業界創生期の真の巨人でした。2013年8月にマウントゴックスを通して取引されたビットコインは、全体の実に47%以上でしたが、2014年4月15日、同社は850,000枚のビットコインを失うことになりました。この事件の原因は未だ明確になっていませんが、お金は永遠に失われてしまいました。マウントゴックスの話や、最近のコインチェックの強奪事件が示すのは、外部からの脅威に脆弱な第三者
  • 中華系取引所トークン:BigONEが発行するONEについて

    最近話題になっている配当型の取引所トークンですが、BigONEという取引所も発行を発表し、早速アカウント開設の受付を始めています。いずれも中華系の取引所で、FT、OCX、BIG、CONI辺りが現地では注目を浴びているようです。※BIGはBigONEが発行するトークンで、ONEとは別に以前から発行されていたものです。今回は、英語になっていた説明をざっくりと日本語にしてみました。尚、「ONE」の取引マイニングへの参加は先着順で行われるようです。「取引マイニング」セクションの取引手数料の100%が「ONE」で配分されます。最初の3日間の「ONE」の配分はすべて6月25日に行われます。人数限定、数回に
  • 【エアドロップQ】Yumerium(YUM)の基本情報おさらい

    はじめまして、最近『Airdrop』に興味を持ち始めている"もっちゃん"と申します。 コイン神社の沼崎さんが の記事内でブログライターを募集されていたので応募してみました(※採用ありがとうございます..!) 普段は のライターをやっています。 最近、僕は『エアドロップQ』をよく利用していましてクイズに答えるだけでトークンがもらえることに感動している毎日です。 僕のコラムでは を読者の皆さんに共有できたらいいな思っています。 コイン相場が運営している『エアドロップQ』では ので、諦めずにクイズに挑戦し続けることでトークンをもらうことができます(※時間制限・配

コメント