ICOスタートしてすでに高騰しているBreadとは?

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

話題沸騰のICO、Breadがソッコーで上場

12月16日、スタート開始から1時間ほどで完了して超期待されていたBread

約32億円を集めてICOを完了しました。

こういうの見たらICOってやっぱりスゴいって感じます。

そして余韻冷めやらぬ中、12月24日にBinanceに上場しました。

Breadとは?

ビットコインの多機能ウォレットです。

120ヶ国で既にダウンロードされているとは!

しかも2,000億円もBreadの中に、、、スゲェの一言です。

多機能ウォレットという言葉がふさわしいアプリではないでしょうか。

銀行クレジットカード機能を1つのアプリで完結してます。

この先は銀行の衰退に繋がっていくのでしょうか、気になります。

気になってアプリのレビューを見てみた

あれ?評価が2.2って結構厳しいですね(^_^;)

コメントも細木数子やサッチー並にかなり辛口です。

まだまだバグが発生している感じが否めないです。

上場後、2倍以上に上場

まずはCoin Market Capでチェックしましょう。

私がチェックしたのが12月25日18時頃ですがピークで2.4倍です。

利確できた方、おめでとうございます。

Breadが購入できる取引所は?

今はBinanceだけで購入できます。

登録していたら買い時逃したということがないようにとりあえず登録だけでもすることをオススメします。

AnyPayがコンサルしたICO案件です

以前プレスで出してましたね。

AnyPayはPaymoという割り勘アプリを手掛けていてその頃から知っております。

私もダウンロードしましたが合コンではアナログに集金しちゃいますね(^_^;)

国内だけでなく、海外の案件手掛けるなんて流石です!

今は買いか?

むしろ私に教えてください!!

bread大量買いした方いらっしゃいましたら是非スクショ送って欲しいです。

ですが、サービスをこれから開発するのではなく、既に広まっているサービスというのが魅力ですよね。

実績十分なので、広まればさらに値上がり期待です。(あとはアプリの機能向上がカギになるかと)

関連記事

  • 仮想通貨でお小遣い稼ぎをする3つの方法【2019年版】

    仮想通貨投資はオワコン、と言われ始めてはや何ヶ月・・・という感もありますが、ちょっと投資は置いておいて、仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法ってどうなんだろうというお話です。ご存知のように仮想通貨市場は一時期のような盛り上がりは無く、「今からお金を入れるのはどうなの!?」と思うような状況です。なので、一旦ここでは、、お金を掛けずに仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法を考えていきます。少しづつですが、サービスを利用するだけで仮想通貨が貰えるものが出てきています。日本ではというブログサービスが一番有名ですね。ブログ記事を書いたり、いいねを押す事で、 ALIS という仮想通貨が貰えます。世界的にも有名な
  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した

コメント