ICOスタートしてすでに高騰しているBreadとは?

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

話題沸騰のICO、Breadがソッコーで上場

12月16日、スタート開始から1時間ほどで完了して超期待されていたBread

約32億円を集めてICOを完了しました。

こういうの見たらICOってやっぱりスゴいって感じます。

そして余韻冷めやらぬ中、12月24日にBinanceに上場しました。

Breadとは?

ビットコインの多機能ウォレットです。

120ヶ国で既にダウンロードされているとは!

しかも2,000億円もBreadの中に、、、スゲェの一言です。

多機能ウォレットという言葉がふさわしいアプリではないでしょうか。

銀行クレジットカード機能を1つのアプリで完結してます。

この先は銀行の衰退に繋がっていくのでしょうか、気になります。

気になってアプリのレビューを見てみた

あれ?評価が2.2って結構厳しいですね(^_^;)

コメントも細木数子やサッチー並にかなり辛口です。

まだまだバグが発生している感じが否めないです。

上場後、2倍以上に上場

まずはCoin Market Capでチェックしましょう。

私がチェックしたのが12月25日18時頃ですがピークで2.4倍です。

利確できた方、おめでとうございます。

Breadが購入できる取引所は?

今はBinanceだけで購入できます。

登録していたら買い時逃したということがないようにとりあえず登録だけでもすることをオススメします。

AnyPayがコンサルしたICO案件です

以前プレスで出してましたね。

AnyPayはPaymoという割り勘アプリを手掛けていてその頃から知っております。

私もダウンロードしましたが合コンではアナログに集金しちゃいますね(^_^;)

国内だけでなく、海外の案件手掛けるなんて流石です!

今は買いか?

むしろ私に教えてください!!

bread大量買いした方いらっしゃいましたら是非スクショ送って欲しいです。

ですが、サービスをこれから開発するのではなく、既に広まっているサービスというのが魅力ですよね。

実績十分なので、広まればさらに値上がり期待です。(あとはアプリの機能向上がカギになるかと)

関連記事

  • マイナーにとって素晴らしい日

    仮想通貨取引所ABCCでは7月9日から12日までの3日間、2,000人の事前登録ユーザーに限定して、取引マイニングを公開していた。現在は既に誰でも取引マイニングに参加する事が可能だ。事前登録したユーザーは7月11日の夜に最初のAT(ABCCによって発行される取引所トークン)と最初の配当(ABCCの取引手数料の80%はAT保有者に配分される)を受け取る事が出来た。事前登録ユーザーの一人は、彼の取引マイニングの結果をABCC側のインタビューを通じて公開している。彼のスクリーンショットを見ると。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHがに増加している。既にABCCは7/12午後12時から、取引マ
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:

コメント