ICOスタートしてすでに高騰しているBreadとは?

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

話題沸騰のICO、Breadがソッコーで上場

12月16日、スタート開始から1時間ほどで完了して超期待されていたBread

約32億円を集めてICOを完了しました。

こういうの見たらICOってやっぱりスゴいって感じます。

そして余韻冷めやらぬ中、12月24日にBinanceに上場しました。

Breadとは?

ビットコインの多機能ウォレットです。

120ヶ国で既にダウンロードされているとは!

しかも2,000億円もBreadの中に、、、スゲェの一言です。

多機能ウォレットという言葉がふさわしいアプリではないでしょうか。

銀行クレジットカード機能を1つのアプリで完結してます。

この先は銀行の衰退に繋がっていくのでしょうか、気になります。

気になってアプリのレビューを見てみた

あれ?評価が2.2って結構厳しいですね(^_^;)

コメントも細木数子やサッチー並にかなり辛口です。

まだまだバグが発生している感じが否めないです。

上場後、2倍以上に上場

まずはCoin Market Capでチェックしましょう。

私がチェックしたのが12月25日18時頃ですがピークで2.4倍です。

利確できた方、おめでとうございます。

Breadが購入できる取引所は?

今はBinanceだけで購入できます。

登録していたら買い時逃したということがないようにとりあえず登録だけでもすることをオススメします。

AnyPayがコンサルしたICO案件です

以前プレスで出してましたね。

AnyPayはPaymoという割り勘アプリを手掛けていてその頃から知っております。

私もダウンロードしましたが合コンではアナログに集金しちゃいますね(^_^;)

国内だけでなく、海外の案件手掛けるなんて流石です!

今は買いか?

むしろ私に教えてください!!

bread大量買いした方いらっしゃいましたら是非スクショ送って欲しいです。

ですが、サービスをこれから開発するのではなく、既に広まっているサービスというのが魅力ですよね。

実績十分なので、広まればさらに値上がり期待です。(あとはアプリの機能向上がカギになるかと)

関連記事

  • Huobi(フォビ)の「成行注文」はココが違う!注文方法と手順を解説

    Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。Huobi(フォビ)の取引プラットフォームには、売買したい価格を入力して注文する「指値(さしね)注文」と、希望価格を入力せずに注文する「成行(なりゆき)注文」の2つがあります。一長一短の注文方法ですが、次のような特徴があります。売買の成立を最優先したいときは成行注文、今より有利な価格で売買
  • GWのお問い合わせについて

    GWの株式会社COINJINJAの営業時間に関しまして以下、お知らせいたします。4月最終営業日・2019年4月26日(金) 営業時間 11:00~16:00お問い合わせ休業期間・2019年4月27日(土)~ 5月7日(火)5月営業開始日・2019年5月8日(水)営業時間 11:00~16:00コイン相場のご利用についてお問い合わせ休業期間中も通常通りご利用いただけます。休業期間中にいただいたお問い合わせは、営業開始日5月8日(水)から順次ご返答させていただきます。あらかじめ、ご了承いただきますようお願いいたします。引き続きコイン相場をよろしくお願いいたします。
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.35 - デモトレ機能を開発しています。コインポインのウェブ版は完成!

    コイン相場やコイン神社をご利用の皆様!いつも私たちのサービスをご利用くださいまして誠にありがとうございます。今年も季節が変わり、いよいよ待っていた10連休!ゴールデンウィークが間もなく始まります。ゴールデンウィーク中の5月1日には年号も新しく変わるので平成時代が終わり"令和"時代に突入ですね。時間の流れはとても早いので、私たちコイン神社チームも皆様に満足いただけるようなサービスを開発し、提供できるように今後も頑張りたいと思います。さて、今週も皆様からフィードバックを貰ったところの修正や新しい機能の開発で毎日忙しく過ごしております。開発の内容は本記事の下からご確認ください。仮想通貨のデモトレ機能

コメント