ICOスタートしてすでに高騰しているBreadとは?

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

話題沸騰のICO、Breadがソッコーで上場

12月16日、スタート開始から1時間ほどで完了して超期待されていたBread

約32億円を集めてICOを完了しました。

こういうの見たらICOってやっぱりスゴいって感じます。

そして余韻冷めやらぬ中、12月24日にBinanceに上場しました。

Breadとは?

ビットコインの多機能ウォレットです。

120ヶ国で既にダウンロードされているとは!

しかも2,000億円もBreadの中に、、、スゲェの一言です。

多機能ウォレットという言葉がふさわしいアプリではないでしょうか。

銀行クレジットカード機能を1つのアプリで完結してます。

この先は銀行の衰退に繋がっていくのでしょうか、気になります。

気になってアプリのレビューを見てみた

あれ?評価が2.2って結構厳しいですね(^_^;)

コメントも細木数子やサッチー並にかなり辛口です。

まだまだバグが発生している感じが否めないです。

上場後、2倍以上に上場

まずはCoin Market Capでチェックしましょう。

私がチェックしたのが12月25日18時頃ですがピークで2.4倍です。

利確できた方、おめでとうございます。

Breadが購入できる取引所は?

今はBinanceだけで購入できます。

登録していたら買い時逃したということがないようにとりあえず登録だけでもすることをオススメします。

AnyPayがコンサルしたICO案件です

以前プレスで出してましたね。

AnyPayはPaymoという割り勘アプリを手掛けていてその頃から知っております。

私もダウンロードしましたが合コンではアナログに集金しちゃいますね(^_^;)

国内だけでなく、海外の案件手掛けるなんて流石です!

今は買いか?

むしろ私に教えてください!!

bread大量買いした方いらっしゃいましたら是非スクショ送って欲しいです。

ですが、サービスをこれから開発するのではなく、既に広まっているサービスというのが魅力ですよね。

実績十分なので、広まればさらに値上がり期待です。(あとはアプリの機能向上がカギになるかと)

関連記事

  • 【11月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.20

    すっかり肌寒くなり、秋もめっきり深まってまいりましたね。年末が近づき、世の中的にも何だか慌ただしい雰囲気になって参りました。そんな中、コイン相場の開発陣も黙々と開発しております。因みに新しいバージョンをリリースしたのはお気づきになりましたか?このバージョンでは読み込み速度が改善されて、動作が滑らかになりましたので是非お試し下さい!通貨詳細にて、ポジションと取引履歴を表示することで、一目で資産状況を確認することが可能になります。(※現在開発中。次回のバージョンアップにてリリース予定) システム改善しページの読み込み速度が大幅に向上しました。dAppの開発者管理画面をリリースしました。開発者は管
  • Betform - オンライン・ギャンブル環境の安全性の向上

    ここ数ヶ月、仮想通貨を利用したゲームの実需が高まっており。さまざまな方法で仮想通貨を利用したゲームが現れています。しかし、この分野の成長が続いているにもかかわらず、それらのゲームのうちごくわずかなものを除き、イーサリアムやビットコインの革新的なシステムを十分に組み込んではいません。イーサリアムやビットコインは純粋な分散型の体験を提供する強力なツールなのです。 たとえ革新的なシステムを適切に組みこめてはいなくとも、イーサリアムやビットコインの技術の柔軟性は、ゲームの面白さの源泉を損なうことなく、それらの技術の要素をシームレスにゲームに組み込むことが可能だということを示しています。以上のような理由
  • 【10月4週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.19

    10月の2・3週目は新機能を追加しました、今週は主にバグの改善に注力しました。 新しいバージョンを審査提出しましたので、通過すれば2・3週目の開発週報でレポートした新機能をご活用いただけます。 今月中旬にはbitcoinのボラリティ増減の指数が追加される予定です。 ポートフォリオの履歴データが改善されました。 ・dApp認証インターフェースを改善予定。

コメント