買い時逃したビットコインキャッシュ(BCH/Bitcoin cash)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

BCHが昨日急騰しました

昨日、仮想通貨関連の交流会に参加した帰りにスマホ見たら、ビットコインキャッシュがやたら値上がりしているじゃありませんか!

うわぁー買っておけばよかったと思ったらちょっと下がりました。

上昇相場で一時的に下がったところで買う「押し目買い」をしようと思いましたが違うコイン買っちゃいました。(詳細は今度書きますね)

ここ3週間で2.5倍ほどでしょうか、というか12月20日の急騰にビビりました。

(↓直近3週間のチャート)

ビットコインキャッシュとは?

BCH(ビットコインキャッシュ)は2017年8月1日にビットコインがハードフォークして誕生した新しいコインです。

ビットコインの取引増大を懸念したマイナーによって発明され、取引スピードの向上を図りました。

ビットコインとの違いとは?

詳しい内容は割愛させていただきますが、BCHとBTCとの相違点は大きい点では3つです。

①ブロックサイズが8MB(BTCは1MB)

②BTCとは共存を目指す

③ハードウェアウォレットなどのセキュリティーを向上させる施策を用意

ビットコインとビットコインキャッシュは別物

そうです、全く別物と考えてください。

分かりやすく言えば、JR東日本とJR東海のように似ているけど全く別の会社というイメージです。(分かりやすいかな)

先月から動きが活発になった

先月から値上がりしましたが、私は年明け以降に上昇すると思って油断してました。

株の世界では年末は取引が落ち着くから同じ考えを持っていたら急騰して後悔してます(^_^;)

ビットコインの送金手数料が高いのが原因か

結構不満が溜まってる方が多いのは送金手数料だと思います。

今でビットコインの送金手数料は5,000円くらいでしょうか。

仮想通貨は送金手数料の安さがウリの1つですがめちゃくちゃ高いです(^_^;)

銀行ザマァ見ろって言ってたのに銀行の手数料の方が安いです。

ビットコインキャッシュの送金手数料はまだ安い

むしろ安すぎます、日本海沿岸の超うまいのに安い寿司屋くらい最高です。

今でBTHの送金手数料は30円くらいでしょうか、これだけ見たらそりゃBTHに資金流れるますわ。

今後も期待

私はBTCからBTHに移してもいいと思っております。

ですが、BTC売った金でトークン買っちゃいました(笑)

こちらもレポートしますね!

関連記事

  • マイナーにとって素晴らしい日

    仮想通貨取引所ABCCでは7月9日から12日までの3日間、2,000人の事前登録ユーザーに限定して、取引マイニングを公開していた。現在は既に誰でも取引マイニングに参加する事が可能だ。事前登録したユーザーは7月11日の夜に最初のAT(ABCCによって発行される取引所トークン)と最初の配当(ABCCの取引手数料の80%はAT保有者に配分される)を受け取る事が出来た。事前登録ユーザーの一人は、彼の取引マイニングの結果をABCC側のインタビューを通じて公開している。彼のスクリーンショットを見ると。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHがに増加している。既にABCCは7/12午後12時から、取引マ
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:

コメント