急上昇銘柄のStellar (ステラ) を調べてみた!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Stellar Lumens (ステラ)、完全ノーマークでした

私イチ押し銘柄のADAに心入れが強かったせいか
最近はADAのチャートばっかりチェックしておりました。

ステラとは?

通貨単位:XLM
発行上限:1000億XLM + 年1%ずつ増加
公開:2014年7月
特徴:Mt.GOXの創業者ジェド・マケーレブ氏やリップルの開発メンバーが中心となって開発。

ステラが購入できる取引所は?

海外の取引所になりますが

poloniex
bittrex

などで取引可能です。

マウントゴックスの社長が開発だと!?

かつて世界最大の取引所と言われたMt.GOXの創業者といえばあの男か!!

と怒りの露わにした方もいらっしゃると思いますが

逮捕されたのはマウントゴックスを買収したマルク・カルプレスです


創業者は事件の3年前に社長を退いていた

ステラの開発者はカルプレス氏ではありません。

創業者のジェド・マケーレブ氏はこの人です。


仮想通貨界きってのイケメンじゃないですか!(多分)

アルトコインの星と名付けましょう(勝手に)

毎年発行され続けている

1000億XLMから毎年1%増え続けます。

価格の安定を目的としています。

これ意見が分かれるところでしょうか。

貨幣みたいにエンドレスに増やせないことが仮想通貨のメリットだったのですが私にはどちらが正しいとか言えません。(情けない...)

ずっと低迷していたが一気に上昇

まずはチャートをご覧ください。


こういうチャート大好きです。

仮想通貨って1,300種類以上あってもはや把握しきれてないので私自身日々勉強しております。

半年で38倍に急騰

1年前くらいまで $0.0016付近をウロチョロしてたのですが

2017年5月に$0.079になってます。

(グラフが何個もあるとややこしいので米ドルのみ表示しています。)


このチャートの急上昇、富士急のドドンパよりエグい角度で上っています

一旦落ち着いて再度急上昇

下降気味だったのですが急上昇しました。

$0.078に到達!!

$0.0016時代に比べると約50倍です。

急上昇した理由

10月16日から一気に高騰しました。

IBMとの提携が発表されたことが要因だと思われます。

銀行間の国際送金の手間を大幅に減らすそうで、Stellarの技術を用いるそうです。

いや、凄くないですか!?

国際送金の手数料減ってくれたらいいのになぁ

ステラ頑張ってください!!

ということでステラを応援しましょう。

関連記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

コメント