急上昇銘柄のStellar (ステラ) を調べてみた!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Stellar Lumens (ステラ)、完全ノーマークでした

私イチ押し銘柄のADAに心入れが強かったせいか
最近はADAのチャートばっかりチェックしておりました。

ステラとは?

通貨単位:XLM
発行上限:1000億XLM + 年1%ずつ増加
公開:2014年7月
特徴:Mt.GOXの創業者ジェド・マケーレブ氏やリップルの開発メンバーが中心となって開発。

ステラが購入できる取引所は?

海外の取引所になりますが

poloniex
bittrex

などで取引可能です。

マウントゴックスの社長が開発だと!?

かつて世界最大の取引所と言われたMt.GOXの創業者といえばあの男か!!

と怒りの露わにした方もいらっしゃると思いますが

逮捕されたのはマウントゴックスを買収したマルク・カルプレスです


創業者は事件の3年前に社長を退いていた

ステラの開発者はカルプレス氏ではありません。

創業者のジェド・マケーレブ氏はこの人です。


仮想通貨界きってのイケメンじゃないですか!(多分)

アルトコインの星と名付けましょう(勝手に)

毎年発行され続けている

1000億XLMから毎年1%増え続けます。

価格の安定を目的としています。

これ意見が分かれるところでしょうか。

貨幣みたいにエンドレスに増やせないことが仮想通貨のメリットだったのですが私にはどちらが正しいとか言えません。(情けない...)

ずっと低迷していたが一気に上昇

まずはチャートをご覧ください。


こういうチャート大好きです。

仮想通貨って1,300種類以上あってもはや把握しきれてないので私自身日々勉強しております。

半年で38倍に急騰

1年前くらいまで $0.0016付近をウロチョロしてたのですが

2017年5月に$0.079になってます。

(グラフが何個もあるとややこしいので米ドルのみ表示しています。)


このチャートの急上昇、富士急のドドンパよりエグい角度で上っています

一旦落ち着いて再度急上昇

下降気味だったのですが急上昇しました。

$0.078に到達!!

$0.0016時代に比べると約50倍です。

急上昇した理由

10月16日から一気に高騰しました。

IBMとの提携が発表されたことが要因だと思われます。

銀行間の国際送金の手間を大幅に減らすそうで、Stellarの技術を用いるそうです。

いや、凄くないですか!?

国際送金の手数料減ってくれたらいいのになぁ

ステラ頑張ってください!!

ということでステラを応援しましょう。

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。[無料チケットのお申し込みはこちら](https://summit.teamz.co.jp/blockchain-summit-conference-only-coinjinja/)スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェ
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

コメント