よく聞くビットコイン先物とは?

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

BTC先物が上場しました

12月18日(日本時間)にCMEでビットコイン先物が上場しました。

一時2万ドル超えも記録し幸先いいスタートです。

それを期待してか現物の価格も日本時間17日夜に1万9783ドルまで上昇しました。

そもそも先物とは

先物取引は証拠金を入れて取引を行います。

信用取引と違う点は限月(決済期日)が決められていることです。

日本ではbitflyer Lightningが有名です。

ビットコインの限月が12月10日の場合、それまでに決済しないといけません。

・「買い」で入ると「売り」で決済
・「売り」で入ると「買い」で決済

これを反対売買とよく言います。

売りから入るとは?

そうです、売りから入れるのです。

証券用語で「空売り」と言われたりします。

反対売買は絶対ということだけ頭に入れてください。

80円で「売り」を入れて反対売買は必須だから「買い」を入れます。

50円で「買い」が成立したら30円の儲け、100円で「買い」を入れたら20円のです。

あまり詳しくいうと長くなるので「売り」から入れるんだなぁということを覚えていただければと。

先物はリスクが高い

レバレッジが効かせられるので元手より大きな取引が可能です。

初心者の方にはオススメしません。

証拠金を入れてレバレッジをかけるのですが証拠金以上に損失を出すと追証と言って追加で証拠金を入れる必要があります。

ハイリスクハイリターンの取引です。

FXのレバレッジ取引で財産無くなった人をたくさん見てきました。

私はこの先物画面を見ただけで怖くなります。

上級者の方は是非トライしてインタビューさせてください

私、ヘタレなのでむしろ横でレバレッジ取引を動画撮らせていただきたいくらいです。

あっでも、レバレッジ掛けなかったらそこまでリスクないと思うので私が先物取引は身体張って試してみたいと思います。

関連記事

  • ICOに日本一詳しいCOIN JINJA (コイン神社) がプレオープン!

    初めまして、です。数ヶ月の間システムの開発やICO情報翻訳等の準備を進めてきましたが、やっと今週からプレオープンする事が出来ました。まだまだ足りない所ばかりですが、正式リリースに向かってブラッシュアップしていきます!乞うご期待ください!合わせて、仮想通貨アプリ「」もリリースしています。宜しくお願い致します!
  • スタッフが駐在する仮想通貨取引所coinoneを韓国で開設!仮想通貨大国を目指せるか!?

    韓国3番目に大きいビットコイン取引所coinoneは、本日リアルの取引所を開設した。韓国初の仮想通貨OTC販売になる。当面販売する暗号通貨は、ビットコイン(BTC)以外、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)とQTUMの6種類。取引所となる複合施設には、市場情報を展示する大型モニターやATMが用意され、スタッフによる顧客相談も対応。現在に業界別のICO(トークンのクラウドセール)プロジェクト、合計464件を公開している。
  • Blackmoon投資ファンドのトークン化プラットフォームが仮想通貨はさらなる盛り上がりを見せる

    トークンファンドで現実の世界と暗号経済の両方に投資機会を提供するために世界最高のフレームワークを作成することを目指しています。 3日目 ~ 7日目 1 BMC = 1.05 USD実世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供するため、世界最高峰のトークン化された資金の枠組みを作り、維持することを目指しています。これは認可機関に柔軟性をもたらし、仮想通貨投資に対する蓄積された財務知識を活かします。地方分権化、透明性、取引可能性、コスト効率など、クリプト世界全体の利益を維持しながら、収入源の多様化を行います。投資ファンドの法的に準拠した構造は、当社の法律顧問によって審査され承認されます。規制リスク

コメント