よく聞くビットコイン先物とは?

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

BTC先物が上場しました

12月18日(日本時間)にCMEでビットコイン先物が上場しました。

一時2万ドル超えも記録し幸先いいスタートです。

それを期待してか現物の価格も日本時間17日夜に1万9783ドルまで上昇しました。

そもそも先物とは

先物取引は証拠金を入れて取引を行います。

信用取引と違う点は限月(決済期日)が決められていることです。

日本ではbitflyer Lightningが有名です。

ビットコインの限月が12月10日の場合、それまでに決済しないといけません。

・「買い」で入ると「売り」で決済
・「売り」で入ると「買い」で決済

これを反対売買とよく言います。

売りから入るとは?

そうです、売りから入れるのです。

証券用語で「空売り」と言われたりします。

反対売買は絶対ということだけ頭に入れてください。

80円で「売り」を入れて反対売買は必須だから「買い」を入れます。

50円で「買い」が成立したら30円の儲け、100円で「買い」を入れたら20円のです。

あまり詳しくいうと長くなるので「売り」から入れるんだなぁということを覚えていただければと。

先物はリスクが高い

レバレッジが効かせられるので元手より大きな取引が可能です。

初心者の方にはオススメしません。

証拠金を入れてレバレッジをかけるのですが証拠金以上に損失を出すと追証と言って追加で証拠金を入れる必要があります。

ハイリスクハイリターンの取引です。

FXのレバレッジ取引で財産無くなった人をたくさん見てきました。

私はこの先物画面を見ただけで怖くなります。

上級者の方は是非トライしてインタビューさせてください

私、ヘタレなのでむしろ横でレバレッジ取引を動画撮らせていただきたいくらいです。

あっでも、レバレッジ掛けなかったらそこまでリスクないと思うので私が先物取引は身体張って試してみたいと思います。

関連記事

  • マイナーにとって素晴らしい日

    私たちの早期優先マイナーは、3日間の独占的なマイニング権を享受しており、7/11夜、最初のATと報酬を受け取りました。 マイナーにはどのようなメリットがありますか?私たちは何人かの早期優先マイナーと話し合い、素晴らしい話を伺うことができました。 優先マイナーの1人は、友人の紹介から参加した方でした。 彼はマイニングをして大きな衝撃を受け、スクリーンショットを送ってくれました。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHは1.603ETH、0.000184BTC、0.000723USDT、5.19ATに増えました。まったく心配しないでください。7/12午後12時から、ABCCはTrade-to-
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:

コメント