よく聞くビットコイン先物とは?

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

BTC先物が上場しました

12月18日(日本時間)にCMEでビットコイン先物が上場しました。

一時2万ドル超えも記録し幸先いいスタートです。

それを期待してか現物の価格も日本時間17日夜に1万9783ドルまで上昇しました。

そもそも先物とは

先物取引は証拠金を入れて取引を行います。

信用取引と違う点は限月(決済期日)が決められていることです。

日本ではbitflyer Lightningが有名です。

ビットコインの限月が12月10日の場合、それまでに決済しないといけません。

・「買い」で入ると「売り」で決済
・「売り」で入ると「買い」で決済

これを反対売買とよく言います。

売りから入るとは?

そうです、売りから入れるのです。

証券用語で「空売り」と言われたりします。

反対売買は絶対ということだけ頭に入れてください。

80円で「売り」を入れて反対売買は必須だから「買い」を入れます。

50円で「買い」が成立したら30円の儲け、100円で「買い」を入れたら20円のです。

あまり詳しくいうと長くなるので「売り」から入れるんだなぁということを覚えていただければと。

先物はリスクが高い

レバレッジが効かせられるので元手より大きな取引が可能です。

初心者の方にはオススメしません。

証拠金を入れてレバレッジをかけるのですが証拠金以上に損失を出すと追証と言って追加で証拠金を入れる必要があります。

ハイリスクハイリターンの取引です。

FXのレバレッジ取引で財産無くなった人をたくさん見てきました。

私はこの先物画面を見ただけで怖くなります。

上級者の方は是非トライしてインタビューさせてください

私、ヘタレなのでむしろ横でレバレッジ取引を動画撮らせていただきたいくらいです。

あっでも、レバレッジ掛けなかったらそこまでリスクないと思うので私が先物取引は身体張って試してみたいと思います。

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。[無料チケットのお申し込みはこちら](https://summit.teamz.co.jp/blockchain-summit-conference-only-coinjinja/)スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェ
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

コメント