よく聞くビットコイン先物とは?

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

BTC先物が上場しました

12月18日(日本時間)にCMEでビットコイン先物が上場しました。

一時2万ドル超えも記録し幸先いいスタートです。

それを期待してか現物の価格も日本時間17日夜に1万9783ドルまで上昇しました。

そもそも先物とは

先物取引は証拠金を入れて取引を行います。

信用取引と違う点は限月(決済期日)が決められていることです。

日本ではbitflyer Lightningが有名です。

ビットコインの限月が12月10日の場合、それまでに決済しないといけません。

・「買い」で入ると「売り」で決済
・「売り」で入ると「買い」で決済

これを反対売買とよく言います。

売りから入るとは?

そうです、売りから入れるのです。

証券用語で「空売り」と言われたりします。

反対売買は絶対ということだけ頭に入れてください。

80円で「売り」を入れて反対売買は必須だから「買い」を入れます。

50円で「買い」が成立したら30円の儲け、100円で「買い」を入れたら20円のです。

あまり詳しくいうと長くなるので「売り」から入れるんだなぁということを覚えていただければと。

先物はリスクが高い

レバレッジが効かせられるので元手より大きな取引が可能です。

初心者の方にはオススメしません。

証拠金を入れてレバレッジをかけるのですが証拠金以上に損失を出すと追証と言って追加で証拠金を入れる必要があります。

ハイリスクハイリターンの取引です。

FXのレバレッジ取引で財産無くなった人をたくさん見てきました。

私はこの先物画面を見ただけで怖くなります。

上級者の方は是非トライしてインタビューさせてください

私、ヘタレなのでむしろ横でレバレッジ取引を動画撮らせていただきたいくらいです。

あっでも、レバレッジ掛けなかったらそこまでリスクないと思うので私が先物取引は身体張って試してみたいと思います。

関連記事

  • 仮想通貨で副業を始めるならこの5つ!?【2019年版】

    副業ブームが来たのか来ているのか、と言われて久しいですが、皆さん副業って何をしているんですかね。仮想通貨も副業や資産運用の文脈で語られる、というよりは、関連付けて考えられる方も多いみたいなので、仮想通貨やブロックチェーンという領域での副業を考えてみました。仮想通貨投資というやり方ですね。これについては、ここで語るのも、と思うので、とりあえず「」アプリで価格を追いかけて、ニュースをチェックするところから始めてみてはいかがでしょうか。仮想通貨・ブロックチェーンのライターは、色んな仮想通貨メディアが結構募集しています。例えば、さんやさんでも。1年位前(2018年初頭)であれば、「仮想通貨メディ
  • 仮想通貨でお小遣い稼ぎをする3つの方法【2019年版】

    仮想通貨投資はオワコン、と言われ始めてはや何ヶ月・・・という感もありますが、ちょっと投資は置いておいて、仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法ってどうなんだろうというお話です。ご存知のように仮想通貨市場は一時期のような盛り上がりは無く、「今からお金を入れるのはどうなの!?」と思うような状況です。なので、一旦ここでは、、お金を掛けずに仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法を考えていきます。少しづつですが、サービスを利用するだけで仮想通貨が貰えるものが出てきています。日本ではというブログサービスが一番有名ですね。ブログ記事を書いたり、いいねを押す事で、 ALIS という仮想通貨が貰えます。世界的にも有名な
  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう

コメント