【ランキング】ICO調達金額のTOP5を発表

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

気になるICO調達金額ランキングを発表

クリスマス目前ですが、仮想通貨&ICO界隈の盛り上がりは衰えることを知りません。

「クリぼっち」なんて言葉が出てきましたが億り人の皆さまにおかれましては素敵な方とお過ごしの予定のこととお喜び申し上げます。

私は「クリぼっち」です、しかも億り人でもないです。

では気を取り直して早速ICO調達金額のトップ5をチェックしましょう。

ICO調達金額TOP5

以前書いた記事は独断と偏見の色が強かったので今回は調達金額をしっかり調べました。

5位 Bancor 1.53億ドル

トークンに流動性を持たせ、トークン同士の売買を可能にします。

イスラエルの企業が発行元でベンチャーキャピタリストの1人でBancor出資者でもあるティム・ドレイパー氏は「あと2年待って欲しい」とガチホ希望らしいです。

4位 PARAGON 1.83億ドル

大麻をブロックチェーン化して一元管理します。医師へのアポイントも管理できるそうで通院履歴も見れたら便利ですね。

大麻と言っても薬用の合法大麻らしいです。最初見たとき、マジ焦りました(汗)

3位 EOS 2.00億ドル

分散型のアプリケーション向けのプラットフォームで、ICO終了後に3倍に上昇しました。

情報処理速度が早く、短期トレードを好むユーザーによって買われたという情報もあります。

2位 tezos 2.36億ドル

tezosはギリシャ語で「スマートコントラクト」の意味。

ネットワーク、トランザクション、コンセンサスをそれぞれ独立させて、ハードフォークに左右されない仕組みを作ります。

しかし開発者夫妻とtezos財団での内紛が勃発したりとトラブルも見受けられるのでトークン保有者も気が気でない状況が続いています。

1位 Filecoin 2.57億ドル

分散型ストレージネットワークを開発しています。

世界中の50%近くのストレージが未使用で、P2Pネットワークを利用することにより現状あるクラウドストレージよりも効率的で高速アクセスが可能になります。

ストレージを提供することによりFilecoinを貰え、Filecoinを支払うことでストレージを利用することができます。

the DAOについて

1.68億ドル調達したthe DAoですが3分の1がなんと盗難に遭いました。

そしてイーサリアムとイーサリアムクラシックが分裂するきっかけにもなり、以上のことからランキング外としています。

ICOはやっぱり夢がある

私はICOはアイデアがある人が勝負できる素晴らしい環境だと思っているのでもっと盛り上がって欲しいと思っています。

素晴らしいアイデアやチームにはどんどん資金が集まってトークン保持者も儲かったらいいですね。

いいトークン見つけたらレポしますね。

むしろ教えてください!!

関連記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

コメント