これさえ抑えれば完璧!ICO情報収集サイト3選

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

ICOのスタートは情報収集から

ICOが流行りだしてから資金調達が容易になり、詐欺みたいなプロジェクトも増えてきました。 見栄えのいいホワイトペーパーさえ書けばみんなが投資してくれるのも事実です。 ですので情報収集をしっかりしてからプロジェクトに投資をしたいというのは全員共通ではないでしょうか。 今日は日本人向けにICO情報を提供している3サイトをご紹介します。

日本で一番ICOプロジェクトが掲載されているCOIN JINJA

言わずもがな一番オススメはこのコイン神社です。 世界中のICOプロジェクトを日本語に翻訳して情報提供しています。 800以上のICOプロジェクトを日本語に訳している日本最大級のICO検索サイトです。 フィルタ検索もできるので興味のあるプロジェクトを簡単に検索できます。 気なるプロジェクトがあればまずコイン神社で調べましょう。

ICO関連の記事が豊富なCrypto currency magazine

Crypto currency magazineはICO関連の記事が豊富でとても参考になります。

最後にCrypto coin portalを抑えればOK

3つ目にCrypto coin portalを抑えればICOの情報収集は問題ないでしょう。 コンテンツはCrypto currency magazineに似ていますが論調が視点が違ったりするので違った角度から情報収集できます。

登録しすぎてもダメ

仮想通貨系のブログはたくさんあります。 全て見ようとしたら果てしない時間がかかるので自分にあったサイトを見つけて読み倒すほうが時間の節約になるのでオススメです。 コイン神社もコンテンツしっかり作って皆さまに満足していただけるサイト作りを進めて参りますので引き続きご愛読よろしくお願いいたします m( )m

関連記事

  • マイナーにとって素晴らしい日

    私たちの早期優先マイナーは、3日間の独占的なマイニング権を享受しており、7/11夜、最初のATと報酬を受け取りました。 マイナーにはどのようなメリットがありますか?私たちは何人かの早期優先マイナーと話し合い、素晴らしい話を伺うことができました。 優先マイナーの1人は、友人の紹介から参加した方でした。 彼はマイニングをして大きな衝撃を受け、スクリーンショットを送ってくれました。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHは1.603ETH、0.000184BTC、0.000723USDT、5.19ATに増えました。まったく心配しないでください。7/12午後12時から、ABCCはTrade-to-
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:

コメント