これさえ抑えれば完璧!ICO情報収集サイト3選

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

ICOのスタートは情報収集から

ICOが流行りだしてから資金調達が容易になり、詐欺みたいなプロジェクトも増えてきました。 見栄えのいいホワイトペーパーさえ書けばみんなが投資してくれるのも事実です。 ですので情報収集をしっかりしてからプロジェクトに投資をしたいというのは全員共通ではないでしょうか。 今日は日本人向けにICO情報を提供している3サイトをご紹介します。

日本で一番ICOプロジェクトが掲載されているCOIN JINJA

言わずもがな一番オススメはこのコイン神社です。 世界中のICOプロジェクトを日本語に翻訳して情報提供しています。 800以上のICOプロジェクトを日本語に訳している日本最大級のICO検索サイトです。 フィルタ検索もできるので興味のあるプロジェクトを簡単に検索できます。 気なるプロジェクトがあればまずコイン神社で調べましょう。

ICO関連の記事が豊富なCrypto currency magazine

Crypto currency magazineはICO関連の記事が豊富でとても参考になります。

最後にCrypto coin portalを抑えればOK

3つ目にCrypto coin portalを抑えればICOの情報収集は問題ないでしょう。 コンテンツはCrypto currency magazineに似ていますが論調が視点が違ったりするので違った角度から情報収集できます。

登録しすぎてもダメ

仮想通貨系のブログはたくさんあります。 全て見ようとしたら果てしない時間がかかるので自分にあったサイトを見つけて読み倒すほうが時間の節約になるのでオススメです。 コイン神社もコンテンツしっかり作って皆さまに満足していただけるサイト作りを進めて参りますので引き続きご愛読よろしくお願いいたします m( )m

関連記事

  • ICOに日本一詳しいCOIN JINJA (コイン神社) がプレオープン!

    初めまして、です。数ヶ月の間システムの開発やICO情報翻訳等の準備を進めてきましたが、やっと今週からプレオープンする事が出来ました。まだまだ足りない所ばかりですが、正式リリースに向かってブラッシュアップしていきます!乞うご期待ください!合わせて、仮想通貨アプリ「」もリリースしています。宜しくお願い致します!
  • スタッフが駐在する仮想通貨取引所coinoneを韓国で開設!仮想通貨大国を目指せるか!?

    韓国3番目に大きいビットコイン取引所coinoneは、本日リアルの取引所を開設した。韓国初の仮想通貨OTC販売になる。当面販売する暗号通貨は、ビットコイン(BTC)以外、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)とQTUMの6種類。取引所となる複合施設には、市場情報を展示する大型モニターやATMが用意され、スタッフによる顧客相談も対応。現在に業界別のICO(トークンのクラウドセール)プロジェクト、合計464件を公開している。
  • Blackmoon投資ファンドのトークン化プラットフォームが仮想通貨はさらなる盛り上がりを見せる

    トークンファンドで現実の世界と暗号経済の両方に投資機会を提供するために世界最高のフレームワークを作成することを目指しています。 3日目 ~ 7日目 1 BMC = 1.05 USD実世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供するため、世界最高峰のトークン化された資金の枠組みを作り、維持することを目指しています。これは認可機関に柔軟性をもたらし、仮想通貨投資に対する蓄積された財務知識を活かします。地方分権化、透明性、取引可能性、コスト効率など、クリプト世界全体の利益を維持しながら、収入源の多様化を行います。投資ファンドの法的に準拠した構造は、当社の法律顧問によって審査され承認されます。規制リスク

コメント