仮想通貨ビギナーにオススメの国内取引所

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

(2017/12/13更新)

仮想通貨が気になりすぎて

仮想通貨とかブロックチェーンという言葉を最近よく聞くようになりました。
コイン神社にアクセスして頂いている皆さまも仮想通貨に興味をお持ちだと思います。
ビットコインなんて1年前が7万円で今や200万円を超えました。ビットコインが詐欺と思っていた人も考えを改めている人が多いのではないでしょうか。
もっと早く注目しとけばよかったと私も思っております。
が、時間は巻き戻せないので今を生きましょう! ということで今から仮想通貨の購入をお考えの方へ国内のオススメの取引所を紹介します。

とりあえず3つの取引所を押さえる

現在、金融庁から認可を受けている仮想通貨取引所は全部で11社あります。

「仮想通貨交換業者登録一覧 - 金融庁」

認可制になってから、ある程度有名企業のグループ会社や実績のある企業だけが残ったので、この点は安心できますね。

その中でも大手3つ言われているのが、ZaifcoincheckbitFlyerです。

1位 手数料が安いZaif

メリット1 手数料が安い

一番有名なBitFlyerが一番オススメと思われたかもしれませんが手数料が安いZaifが一番オススメです。 手数料マイナス0.01%とは取引をしたら0/01%分追加されるという意味です。 マイナス手数料でユーザーを囲む作戦でしょうか。 こんなことしてたら赤字じゃねぇかと思いますが、積立投資で手数料を取っています。 さらに全ての通貨が板取引となっております。 これは買い手と売り手が直接売買する仕組みです。 bitFlyerとcoincheckはビットコインのみ板取引ですが他の通貨は取引所が手数料を乗せて価格を設定しているので高くなってしまいます。 というワケでイーサリウムやモナコインを買う場合は板取引ができるZaifがオススメです。

メリット2 積立投資ができる

「A株を毎月1万円ずつ買う」や「保険を毎月1万円積み立てる」ことをドルコスト平均法と言います。わかりやすく言えば毎月積立です。 このメリットは価格変動率(ボラティリティ)による影響を抑えることが可能です。 これは分割支払いみたいな感じで助かりますね!

メリット3 トークンを売買できる

ICOが隆盛を極める中、これは大注目です。 Zaifだけのサービスですがこの先、他の取引所も追随して来るかもしれません。

デメリットもある

それはサーバーが落ちやすいことです。 デイトレーダーはそれで痛手を被ることがあるので要注意ですね。

2位 取扱通貨が豊富なcoincheck

メリット1 取扱通貨が多い

マニアックな通貨も取り扱ってるのでマイナー通貨狙いのユーザーには最高です。 和田社長、どんどん増やしていってください!!

メリット2 レンディングで利息収入

仮想通貨をコインチェックに貸して利息収入を得ます。 長期保有の方にはいいサービスですね。

メリット3 初心者に優しい

私も最初はコインチェックからスタートしました。 操作性がシンプルで使いやすいです。

デメリット ビットコイン以外は手数料が高い

ビットコイン以外は販売所取引なので買値と売値はコインチェックが手数料を乗せて設定しています。 それを差し引いても取扱通貨の多さは魅力ですね。

3位 知名度があるbitFlyer

メリット ビットコインと言えばビットフライヤーという圧倒的知名度

ビットコインと言えばビットフライヤーというイメージが浸透しています。 国内最大のビットコイン取引所です。 知名度はユーザーに安心を与え、その結果利用者の増加に繋がります。 レイチェル女史が仰ってましたがFXのシェアが高いんですね。

デメリット ビットコイン以外は手数料が高い

ここはビットコイン専門にした方がいいです。 ビットコインをこよなく愛する人の取引所って感じです。

とりあえず登録しましょう

アカウント登録は1社ではなくとりあえず上記3社を登録することをオススメします。 それぞれに長所短所があるのでご自身の取引ポリシーに則って取引するようにしてください。 ここからがアナタの仮想通貨ライフのスタートです(^^)

登録する時の注意点

どの取引所も本人確認書類が必要になります。正確に言うと、本人書類をカメラで取り画像にしてアップロードする必要があります。

あとは、銀行口座の番号等ですね。

出来れば家にいる時に登録を始めないと、外でスマホだけで登録しようとすると意外と面倒かも。。

また、本人確認の為のハガキが自宅に届いて、初めて口座オープンです。手続きを開始してから最短でも2−3日は掛かります。

思い立ったら吉日。もし口座をオープンしていない人は、すぐ登録してしまった方がいいです。

あとから、必要になった時に後悔してしまうかも!ですので。

関連記事

  • マイナーにとって素晴らしい日

    仮想通貨取引所ABCCでは7月9日から12日までの3日間、2,000人の事前登録ユーザーに限定して、取引マイニングを公開していた。現在は既に誰でも取引マイニングに参加する事が可能だ。事前登録したユーザーは7月11日の夜に最初のAT(ABCCによって発行される取引所トークン)と最初の配当(ABCCの取引手数料の80%はAT保有者に配分される)を受け取る事が出来た。事前登録ユーザーの一人は、彼の取引マイニングの結果をABCC側のインタビューを通じて公開している。彼のスクリーンショットを見ると。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHがに増加している。既にABCCは7/12午後12時から、取引マ
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:

コメント