海外の取引所で日本では買えないアルトコインを買おう

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

(2017/12/12更新)

アルトコインとは?

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと言います。 世界中でIC0ブームで様々なアルトコインが上場しています。 日本で購入できるよりはるかに多くのアルトコインが海外の取引所で購入できます。

なぜ海外?

海外の取引所は世界中の仮想通貨ユーザーを対象にしてるので流動性が高く取引がしやすいので、慣れてくると海外にも口座を作ることをオススメします。

海外の有名どころはとりあえず開設しておこう

とりあえず開設するならPoloniex

取引量が多いのでPoloniexに上場すると価格が高騰する場合が多いです。 ここはマストで登録しましょう。

あるとコインが豊富なBittrex

Bittrexは世界で一番アルトコインが豊富な取引所と言われています。 日本であまり知られていないアルトコインがたくさんあるのでこちらも是非登録を!

ビットコイン取引に強いBitfinex

過去にハッキングされ信用失墜から立て直しつつあるBitfinex。 ハッキングされて以来、セキュリティがかなり頑丈になって今は安心して取引できそうです。

取引量世界一になったBinance

中国で仮想通貨取引が禁止になり、日本にも進出してきました。

日本語版サイトもあるので安心かと思いきや、、、

ほとんどの画面は英語のままです(^_^;)

まぁそこまで難しい単語使っていないので問題ないと思います。

サポートメールが遅いのがネックです。

1週間後に返事きました( ;´Д`)

取引量が世界一なので問い合わせも大量にあるという事でしょうか。

まずは国内取引で慣れよう

株と違って簡単に海外の取引所に簡単に口座開設ができるようになりました。 この先、株より仮想通貨にシフトしていくトレンドができるかもしれません。 ですがサポート体制は国内の取引所のほうが万全な感じがしますので、まずは国内で慣れてから海外に挑戦することをオススメします。

ネックは手数料の高さか

Bittrexだと取引手数料が0.25%かかります。

Zaifだと0.01%なのでコストが25倍です。

それでも証券会社の手数料に比べれば安いですが

「塵積も」なので軽視はできません。

関連記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

コメント