【要注意】ICOの詐欺事例

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

ICO詐欺という言葉が出てきて随分経ちました。 未公開株詐欺がなくならないのと同じように
ICO詐欺もなくなることはほぼ皆無なのかもしれません。

プロジェクトの失敗は仕方ないとしても 確信犯的な詐欺した奴には佐々木健介と小橋建太のラリアットを食らわしたいくらいです。

2件のICOが詐欺で告発されました

ICOした不動産会社のREcoin、ダイヤモンド会社のDRC Worldの経営者、Maksim Zaslavskiy氏を告発しました。

ダイヤモンドを買うと言って買ってなかった

REcoinのウェブサイトにはこんな表示が

要は「SECに色々言われたけど捜査に協力しています」と言いたいそうです。

本当に頼んまっせ!!

ツイッターもフォロワー少なかったですね。

あまり注目されなかったのでしょうか。

4億円集まったと言って3000万円しか集まっていなかった

このホラ吹きめ!!

雇うと言っていた専門家を雇っていなかった

「不動産を担保にしたICO」として資金を集めて会計士や弁護士などの専門家チームを結成する予定が全く雇ってなかったそうで、、、

そりゃ訴えられますね

ダイヤモンド事業も動いていなかった

調達した資金でダイヤモンドの発掘をして出資者はプレミア会員として割引でダイヤモンドが購入できるはずだったがこちらも何もしていなかったそうです。

情報収集はしっかりと

投資の世界にはいつの時代も詐欺が横行していましが その中でしっかり着手しているプロジェクトが多いのも事実です。

見極めは難しいですがしっかり情報収集してICOに参加するようにしてください。

と言うことで情報収集についての記事も要チェックです。

関連記事

  • 新サービス「トークン発行サポート」

    株式会社COINJINJAは新サービス、トークン発行サポートを行います。仮想通貨関連に特化したサービスを行なっている当社のノウハウを駆使してトークン発行から仮想通貨取引所への上場支援まで一気通貫したワンストップサービスをいたします。2017年9月よりICO検索サイト「COINJINJA」、翌月より仮想通貨アプリ「コイン相場」をリリースいたしました。COINJINJAは開始4ヶ月で月間150万PVを達成、アプリは現在日英中韓の4ヶ国語対応で約50万ダウンロードとなっており、数多くの企業様からICOのサポート依頼のお問い合わせをいただき、今回サポートをすることにいたしました。COINJINJAでは
  • コイン相場「ニュース」にDappsカテゴリを追加しました

    仮想通貨アプリ・コイン相場の中では、国内有力仮想通貨メディア・ブログから毎日記事を提供して頂いております。今回は、「カテゴリ」の中に「Dapps」を設け、の3つを追加致しましました。Dappsと言っても、今回は特にGameを取り上げている3つのブログをピックアップさせて頂きました。仮想通貨アプリ・コイン相場のDLは「ニュース」の使い方を実は一度も説明していなかったので、この場を借りて使い方を簡単に説明させてもらいます。※今回はDappsを選択して下さい鉄板なのは、直近1ヶ月位を掛けて、このニュースセクションはカテゴリ分けやソースを含めて精査していく予定です。
  • 【7月2週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報

    BigONEとFCoinがマイニングを再開したことに加え、CoinExの取引所マイニング(コイン相場の機能では「ハミングバード」と命名)をスタートしました。さらにマイニングスピードと安定性も向上させました。マーケットページは、通貨の分類と主要通貨の情報が豊富になりました。マーケットページだけで市場の最新動向を十分に理解することができます。 

コメント