【要注意】ICOの詐欺事例

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

ICO詐欺という言葉が出てきて随分経ちました。 未公開株詐欺がなくならないのと同じように
ICO詐欺もなくなることはほぼ皆無なのかもしれません。

プロジェクトの失敗は仕方ないとしても 確信犯的な詐欺した奴には佐々木健介と小橋建太のラリアットを食らわしたいくらいです。

2件のICOが詐欺で告発されました

ICOした不動産会社のREcoin、ダイヤモンド会社のDRC Worldの経営者、Maksim Zaslavskiy氏を告発しました。

ダイヤモンドを買うと言って買ってなかった

REcoinのウェブサイトにはこんな表示が

要は「SECに色々言われたけど捜査に協力しています」と言いたいそうです。

本当に頼んまっせ!!

ツイッターもフォロワー少なかったですね。

あまり注目されなかったのでしょうか。

4億円集まったと言って3000万円しか集まっていなかった

このホラ吹きめ!!

雇うと言っていた専門家を雇っていなかった

「不動産を担保にしたICO」として資金を集めて会計士や弁護士などの専門家チームを結成する予定が全く雇ってなかったそうで、、、

そりゃ訴えられますね

ダイヤモンド事業も動いていなかった

調達した資金でダイヤモンドの発掘をして出資者はプレミア会員として割引でダイヤモンドが購入できるはずだったがこちらも何もしていなかったそうです。

情報収集はしっかりと

投資の世界にはいつの時代も詐欺が横行していましが その中でしっかり着手しているプロジェクトが多いのも事実です。

見極めは難しいですがしっかり情報収集してICOに参加するようにしてください。

と言うことで情報収集についての記事も要チェックです。

関連記事

  • ICOに日本一詳しいCOIN JINJA (コイン神社) がプレオープン!

    初めまして、です。数ヶ月の間システムの開発やICO情報翻訳等の準備を進めてきましたが、やっと今週からプレオープンする事が出来ました。まだまだ足りない所ばかりですが、正式リリースに向かってブラッシュアップしていきます!乞うご期待ください!合わせて、仮想通貨アプリ「」もリリースしています。宜しくお願い致します!
  • スタッフが駐在する仮想通貨取引所coinoneを韓国で開設!仮想通貨大国を目指せるか!?

    韓国3番目に大きいビットコイン取引所coinoneは、本日リアルの取引所を開設した。韓国初の仮想通貨OTC販売になる。当面販売する暗号通貨は、ビットコイン(BTC)以外、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)とQTUMの6種類。取引所となる複合施設には、市場情報を展示する大型モニターやATMが用意され、スタッフによる顧客相談も対応。現在に業界別のICO(トークンのクラウドセール)プロジェクト、合計464件を公開している。
  • Blackmoon投資ファンドのトークン化プラットフォームが仮想通貨はさらなる盛り上がりを見せる

    トークンファンドで現実の世界と暗号経済の両方に投資機会を提供するために世界最高のフレームワークを作成することを目指しています。 3日目 ~ 7日目 1 BMC = 1.05 USD実世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供するため、世界最高峰のトークン化された資金の枠組みを作り、維持することを目指しています。これは認可機関に柔軟性をもたらし、仮想通貨投資に対する蓄積された財務知識を活かします。地方分権化、透明性、取引可能性、コスト効率など、クリプト世界全体の利益を維持しながら、収入源の多様化を行います。投資ファンドの法的に準拠した構造は、当社の法律顧問によって審査され承認されます。規制リスク

コメント