【おさらい】ビットコインの暴落事例

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

ビットコインは過去7回暴落している

人生も株もビットコインも浮き沈みはあるものです。

大事なことはそれを教訓にして次に活かすということなので

今回はビットコインの暴落事例を見ていきましょう。

2011年6月 MT.GOX社がハッキングされる

$12→$2へ大暴落しました。

今思えばめっちゃお買い得!!

2013年2月 中国国内の銀行でビットコイン禁止に

中国政府からの命令で市場が混乱しました。

$1150→$459へ大暴落。

2014年2月 MT.GOX社が破綻

当時最大級の取引所だったマウントゴックス社が破綻しました。

日本語が上手かった印象があります。

$820→$400へ50%ほど暴落。

しかも顧客の金を着服して逮捕されるという馬鹿。

ビットコインが怪しいという印象を根付かせたA級戦犯です。

2015年1月 Bitstampがハッキングされる

ヨーロッパの大手取引所、Bitstampが500万ドル相当のハッキング被害に遭いました。

$315→$172へこれまた46%の大暴落。

2016年8月 Bitfinexがハッキングされる

香港のBitfinexがハッキングされ、同社の資産の36%に相当する約71億円のビットコイン(当時のレートで)を失いました。

この事件により、$655→$530に暴落しました。

2017年1月 中国人民銀行が中国の取引所を招集

今から思えばこの時から政府による締め付けが行われていました。

中国ではレバレッジ取引ができなくなったりして

$1,180→$840へ30%の暴落です。

2017年9月 中国政府、仮想通貨取引を全面禁止

中国で仮想通貨が加熱していたのは中国元の送金が不便だったという理由もあったのですが これにより再びお金の国外への送金が不便になりました。

$4,850→$2,950へ40%暴落です。

それでもビットコインは負けない

価格は原価ではなく需給のバランスで決まるとはよく言ったものですが バブル気味な感は否めないですがビットコインの価格の上昇は世界の人々が変革を欲している証拠なのかもしれません。

一喜一憂せず将来の需要を考えればまだ価格は上昇するという見方が強いです。

我々もしっかり注視して参ります。

関連記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

コメント