【おさらい】ビットコインの暴落事例

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

ビットコインは過去7回暴落している

人生も株もビットコインも浮き沈みはあるものです。

大事なことはそれを教訓にして次に活かすということなので

今回はビットコインの暴落事例を見ていきましょう。

2011年6月 MT.GOX社がハッキングされる

$12→$2へ大暴落しました。

今思えばめっちゃお買い得!!

2013年2月 中国国内の銀行でビットコイン禁止に

中国政府からの命令で市場が混乱しました。

$1150→$459へ大暴落。

2014年2月 MT.GOX社が破綻

当時最大級の取引所だったマウントゴックス社が破綻しました。

日本語が上手かった印象があります。

$820→$400へ50%ほど暴落。

しかも顧客の金を着服して逮捕されるという馬鹿。

ビットコインが怪しいという印象を根付かせたA級戦犯です。

2015年1月 Bitstampがハッキングされる

ヨーロッパの大手取引所、Bitstampが500万ドル相当のハッキング被害に遭いました。

$315→$172へこれまた46%の大暴落。

2016年8月 Bitfinexがハッキングされる

香港のBitfinexがハッキングされ、同社の資産の36%に相当する約71億円のビットコイン(当時のレートで)を失いました。

この事件により、$655→$530に暴落しました。

2017年1月 中国人民銀行が中国の取引所を招集

今から思えばこの時から政府による締め付けが行われていました。

中国ではレバレッジ取引ができなくなったりして

$1,180→$840へ30%の暴落です。

2017年9月 中国政府、仮想通貨取引を全面禁止

中国で仮想通貨が加熱していたのは中国元の送金が不便だったという理由もあったのですが これにより再びお金の国外への送金が不便になりました。

$4,850→$2,950へ40%暴落です。

それでもビットコインは負けない

価格は原価ではなく需給のバランスで決まるとはよく言ったものですが バブル気味な感は否めないですがビットコインの価格の上昇は世界の人々が変革を欲している証拠なのかもしれません。

一喜一憂せず将来の需要を考えればまだ価格は上昇するという見方が強いです。

我々もしっかり注視して参ります。

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント