VOTESがブロックチェーンで選挙を変える!インターネット選挙の実現を目指すICOがスタート

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    明日(10月3日)からVOTESのICOがスタートします。

    下記にもある通り、投票の為のプラットフォームなんですが、

    VotesのICO

    単に、アンケート調査という意味で言えば、SurveyMonkeyが有名ですし、そもそもGoogleでも無料で作れるのでは・・・という気がしてしまいます。

    こちらのVOTESが想定しているのは、選挙や、株主総会での投票など、個人の認証が必要で且つ、改ざんが許されないような場面での利用です。

    現在まで、全面的にインターネットでの投票が導入されている事例が無いのは、主にセキュリティと、そのセキュリティを実現する為のコストの問題です。

    ※電子国家・エストニアを除けば、実験的な導入事例や部分的な運用しか今のところ事例はありません。

    仮想通貨というか、ブロックチェーン技術の有効活用例としては、あり得る選択肢で、もしかしたら選挙費用が劇的にコスト削減出来るかも!です。(なにせ、衆議院選挙に800億円掛かるという話ですから)

    関連記事

    • ウォレットの復元について

      新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
    • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

      暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat
    • 【参加費無料】仮想通貨・ブロックチェーンの国内先駆者が集う「Next Economy Conference 2018」9月15日東京にて開催

      Next Economy Conference 2018は、ブロックチェーンやトークンを組み込んだサービスが2018年から増え始めていくだろう、新しい稼ぎ方、ライフスタイル、これから変わるサービスと未来を先駆者の目線から語り尽くすイベントです。数少ない日本のICO事例であるALISやSynchrolife、ブロックチェーンに踏み切ったモバイルファクトリー、地方×ブロックチェーンで注目を集めるプロジェクトなど国内の最先端を走る方々にお話を伺います。また、当日はスタートアップブースやイベント限定のトークン発行/アトラクションなど10以上のブースも併設しており、ブロックチェーンや仮想通貨が実際に使わ

    コメント