VOTESがブロックチェーンで選挙を変える!インターネット選挙の実現を目指すICOがスタート

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    明日(10月3日)からVOTESのICOがスタートします。

    下記にもある通り、投票の為のプラットフォームなんですが、

    VotesのICO

    単に、アンケート調査という意味で言えば、SurveyMonkeyが有名ですし、そもそもGoogleでも無料で作れるのでは・・・という気がしてしまいます。

    こちらのVOTESが想定しているのは、選挙や、株主総会での投票など、個人の認証が必要で且つ、改ざんが許されないような場面での利用です。

    現在まで、全面的にインターネットでの投票が導入されている事例が無いのは、主にセキュリティと、そのセキュリティを実現する為のコストの問題です。

    ※電子国家・エストニアを除けば、実験的な導入事例や部分的な運用しか今のところ事例はありません。

    仮想通貨というか、ブロックチェーン技術の有効活用例としては、あり得る選択肢で、もしかしたら選挙費用が劇的にコスト削減出来るかも!です。(なにせ、衆議院選挙に800億円掛かるという話ですから)

    関連記事

    • 新サービス「トークン発行サポート」

      株式会社COINJINJAは新サービス、トークン発行サポートを行います。仮想通貨関連に特化したサービスを行なっている当社のノウハウを駆使してトークン発行から仮想通貨取引所への上場支援まで一気通貫したワンストップサービスをいたします。2017年9月よりICO検索サイト「COINJINJA」、翌月より仮想通貨アプリ「コイン相場」をリリースいたしました。COINJINJAは開始4ヶ月で月間150万PVを達成、アプリは現在日英中韓の4ヶ国語対応で約50万ダウンロードとなっており、数多くの企業様からICOのサポート依頼のお問い合わせをいただき、今回サポートをすることにいたしました。COINJINJAでは
    • コイン相場「ニュース」にDappsカテゴリを追加しました

      仮想通貨アプリ・コイン相場の中では、国内有力仮想通貨メディア・ブログから毎日記事を提供して頂いております。今回は、「カテゴリ」の中に「Dapps」を設け、の3つを追加致しましました。Dappsと言っても、今回は特にGameを取り上げている3つのブログをピックアップさせて頂きました。仮想通貨アプリ・コイン相場のDLは「ニュース」の使い方を実は一度も説明していなかったので、この場を借りて使い方を簡単に説明させてもらいます。※今回はDappsを選択して下さい鉄板なのは、直近1ヶ月位を掛けて、このニュースセクションはカテゴリ分けやソースを含めて精査していく予定です。
    • 【7月2週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報

      BigONEとFCoinがマイニングを再開したことに加え、CoinExの取引所マイニング(コイン相場の機能では「ハミングバード」と命名)をスタートしました。さらにマイニングスピードと安定性も向上させました。マーケットページは、通貨の分類と主要通貨の情報が豊富になりました。マーケットページだけで市場の最新動向を十分に理解することができます。 

    コメント