ICO終了後に初のブロックチェーン上の不動産取引を実現したPropy

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    思っていたよりもICOでの調達金額は伸びなかったものの、安定感抜群なプロジェクトだったPropy。

    アドバイザーにTechCrunchやスタンフォードが並んでましたし、サービス自体もゼロからスタートじゃなかったですし。

    有象無象な感があるICOのプロジェクトの中ではまとも極まりない感じでした。それはそれでちょっと面白くないんですが。

    https://www.coinjinja.com/detail/propy

    数日前に公表された情報によれば、PropyのiOSアプリを通じて、ウクライナの不動産の権利まできっちり書き換わる所まで成立した事例が紹介されています。

    仮想通貨、ブロックチェーンが実用されているのを見ると、本当にわくわくしてきますね。

    参考: “Technical Overview: the first real estate deal on the blockchain”

    コインポイン

    関連記事

    • 今回のビットコインの上昇と2017年の5つの違い

      2017年の大きな上昇を経験した方々はビットコインの10,000ドルの壁が一つの道しるべであり、その後1年以上弱気市場が続いていることをご存知だと思います。しかし、今回のビットコインの上昇は、価格が上がっていると同時に当時よりも出来高がある以外にも、2017年の状況とはいくつか違う要素があります。ビットコインはすべての否定的な意見や逆境からまた高騰を続けており、いつもより勢いがある状態です。しかし、今のステップがただのバブルなのか新しい上昇の始まりなのかは誰もが確信することはできないでしょう。判断材料の参考として、今回のビットコインの状況が2017年とは違うのは以下5つのポイントです。現在の状
    • トークンについてのお知らせ:コイン相場

      日頃、コイン相場をご利用頂きましてありがとうございます。ユーザーの皆様と直接関係するお話でありませんが、$SCVTについて他の情報源を通じて、色々な情報が発信される可能性があるので、我々からも説明させて頂きたいと思い、下記のペーパーを用意致しました。法的な面で出来る限りクリアにやっていきたいという思いもあり、弊社からトークンに関してお知らせするのはこの機会に限らせて頂く予定で、今後日本語で情報発信する予定はありません。ご理解頂けますと幸いです。
    • ビギナーズコンテスト3位入賞「ゲロッピーさん」に勝利の秘訣を聞いてみた

      今回は、の上位入賞者にインタビューをしてみました。インタビューしたゲロッピー()さんの成績は、一週間で、 +37.14%、取引回数が334回という結果でした。こんな成績出せるのであれば、実際に取引所でトレードしてもいいのでは?と思いましたが、お話を聞いてみるとそうでも無いみたいです。また、普段からガリガリトレードしているタイプでも無いようですので、もしかたら初心者の方にはとても参考になるかもしれません。はじめまして!ゲロッピーと申します。損失が多すぎて吐きそうだったのでゲロッピーという名前になりましたwはじめたのは去年(2018年)の1月になります。出川組(2)ですかね。仮想通貨以外

    コメント