ICO終了後に初のブロックチェーン上の不動産取引を実現したPropy

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    思っていたよりもICOでの調達金額は伸びなかったものの、安定感抜群なプロジェクトだったPropy。

    アドバイザーにTechCrunchやスタンフォードが並んでましたし、サービス自体もゼロからスタートじゃなかったですし。

    有象無象な感があるICOのプロジェクトの中ではまとも極まりない感じでした。それはそれでちょっと面白くないんですが。

    https://www.coinjinja.com/detail/propy

    数日前に公表された情報によれば、PropyのiOSアプリを通じて、ウクライナの不動産の権利まできっちり書き換わる所まで成立した事例が紹介されています。

    仮想通貨、ブロックチェーンが実用されているのを見ると、本当にわくわくしてきますね。

    参考: “Technical Overview: the first real estate deal on the blockchain”

    関連記事

    • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

      日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。[無料チケットのお申し込みはこちら](https://summit.teamz.co.jp/blockchain-summit-conference-only-coinjinja/)スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェ
    • ウォレットの復元について

      新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
    • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

      暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

    コメント