ICO終了後に初のブロックチェーン上の不動産取引を実現したPropy

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    思っていたよりもICOでの調達金額は伸びなかったものの、安定感抜群なプロジェクトだったPropy。

    アドバイザーにTechCrunchやスタンフォードが並んでましたし、サービス自体もゼロからスタートじゃなかったですし。

    有象無象な感があるICOのプロジェクトの中ではまとも極まりない感じでした。それはそれでちょっと面白くないんですが。

    https://www.coinjinja.com/detail/propy

    数日前に公表された情報によれば、PropyのiOSアプリを通じて、ウクライナの不動産の権利まできっちり書き換わる所まで成立した事例が紹介されています。

    仮想通貨、ブロックチェーンが実用されているのを見ると、本当にわくわくしてきますね。

    参考: “Technical Overview: the first real estate deal on the blockchain”

    コインポイン

    関連記事

    • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

      ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
    • ビットポイント、ハッキングで資金流出

      日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
    • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

      ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

    コメント